早春の訪れ〜梅林公園へ行ってきたよ♪|芽キャベツとベーコンのペペロンチーノを作ったよ♪|フードマイル制を導入しよう!食の安全(8)

今日は天気が良かったので梅林公園に行って来ました

まだまだ蕾が多くて咲いている梅は少なかったですが

一足早く春を感じることができました

ベランダ菜園では芽キャベツを収穫し

芽キャベツを使い芽キャベツとベーコンのペペロンチーノを作りました

芽キャベツの粒は小さいですがほろ苦さや甘さがベーコンと合います

見た目の可愛らしさや焼いた時の香ばしさやホクホク感が魅力です

ポーと猫の写真館

猫と一緒にグリーンライフ

【今日の収穫】芽キャベツ・茎ブロッコリー♪

猫と一緒にグリーンライフ

【紫奏子ちゃん】遅くなりましたが無事に収穫しました♪

猫と一緒にグリーンライフ

【芽キャベツ(紫)ちゃん】やっと少し大きくなってきました♪

猫と一緒にグリーンライフ

【カーヴォルフィオーレちゃん】ゆっくりと生長中ですがかなり鳥さんに葉っぱを食べられてしまいました・・・

猫と一緒にグリーンライフ

【グリンピースちゃん】白い花が咲きました♪

猫と一緒にグリーンライフ

【アーティーチョークちゃん】どんどん大きくなってきています♪

猫と一緒にグリーンライフ

【キャットニップちゃん】新しい葉っぱが出てきました♪

猫と一緒にグリーンライフ

【水菜ちゃん】大株になるかな~♪

猫と一緒にグリーンライフ

【ルッコラちゃん】わさわさと生長中♪

猫と一緒にグリーンライフ

【クリスマスローズちゃん】可愛いです♪

猫と一緒にグリーンライフ

【梅林公園ちゃん】

猫と一緒にグリーンライフ

【梅林公園ちゃん】

猫と一緒にグリーンライフ

【梅林公園ちゃん】

猫と一緒にグリーンライフ

【梅林公園ちゃん】

猫と一緒にグリーンライフ

【梅林公園ちゃん】

猫と一緒にグリーンライフ

【梅林公園ちゃん】

猫と一緒にグリーンライフ

【梅林公園ちゃん】

猫と一緒にグリーンライフ

【梅林公園ちゃん】

猫と一緒にグリーンライフ

【梅林公園ちゃん】

猫と一緒にグリーンライフ

【梅林公園ちゃん】

猫と一緒にグリーンライフ

【野良猫ちゃん】

猫と一緒にグリーンライフ

【野良猫ちゃん】

猫と一緒にグリーンライフ

【そらちゃん】日向ぼっこ中(*Φ∇Φ*)

猫と一緒にグリーンライフ

【りくたん・くうちゃん】仲良く遊んでるよ~(*Ф∇Ф)ノ

猫と一緒にグリーンライフ

【りくたん】ドヤドヤ!!!!!猫じゃらし捕まえたで~(p`・ω・´) q

猫と一緒にグリーンライフ

【りくたん】りくたんのものだも~ん!!!!!あむぅ~(ฅ`ω´ฅ)

猫と一緒にグリーンライフ

【かいちゃん】はいは~い♪かいちゃんのところに猫じゃらしお願いしま~す(ΦωΦ)ノ

猫と一緒にグリーンライフ

【かいちゃん】えっ!あれ~どこにいっちゃったのぉ~(ФДФ)

猫と一緒にグリーンライフ

【くうちゃん】くうちゃんはちょっと休憩中~(ΦεΦ)

猫と一緒にグリーンライフ

【くうちゃん】くうちゃん今日も一日楽しく遊べたよ~ヾ(*ΦωΦ)ノ

猫と一緒にグリーンライフ

【紫奏子のコールスローちゃん】シェリービネガーで味付けをしました♪
さっぱりしていてやみつきになる感じです♪

猫と一緒にグリーンライフ

【芽キャベツとベーコンのペペロンチーノちゃん】

梅名所 中部地方

名古屋地区
名古屋城(名古屋市) 例年の見頃:2月中旬
 城内に約100本の梅林があり、早春の訪れを告げます。
名古屋市農業センター(名古屋市) 例年の見頃:2月下旬~3月中旬
 しだれ梅約800本。「しだれ梅まつり」も開催されます。
東山公園(植物園)(名古屋市) 例年の見頃:2月下旬~3月上旬
 植物園内の遊歩道「万葉の散歩道」ぞいのお花畑の隣に、20種類以上の梅が約300本。

尾張地区
大縣神社(犬山市) 例年の見頃:2月下旬~3月上旬
 尾張の二宮として親しまれている神社。寒紅梅をはじめ、紅梅・白梅300本が咲き誇る。

知多地区
布里池(知多市) 例年の見頃:2月下旬~3月上旬
 佐布里池周辺には梅の木4,600本が植えられています。

西三河地区
岩津天満宮(岡崎市) 例年の見頃:2月中旬~3月中旬
 約400本の紅梅・白梅が咲き乱れ境内は梅の香りで包まれます。
・つくばの里梅まつり(豊田市) 例年の見頃:3月中旬~3月下旬
 日下部町にあるお寺「最光院(さいこういん)」の梅園には、約500本の紅白の梅があります。

東三河地区
・川売の梅(新城市) 例年の見頃:3月中旬
 山の中の梅園。20haの中に梅の木1,500本があります。
向山梅林園(豊橋市) 例年の見頃:2月下旬~3月上旬
 27種約400本、樹齢約35年で早咲きと遅咲きの梅があります。

食の安全(8)

2008年のドキュメンタリー映画『フード・インク』の中で、マイケル・ポラン氏は「便利で安価な冷凍食品や、何度も洗浄されてカットされ、しなびたレタスを手に入れた代わりに、失ったものがある。この五十年で、私たちの生活は大きく変わった。過去の一万年より、もっと大きな変化が起きたのだ。ところが今も食品を売るために、過去のイメージが利用されている。スーパーマーケットに行けば、農民や牧草地で牛を飼うための抗柵サイロ、あるいは1930年代の農家の風景の写真を見かける。しかし現実は全く違う。家畜が生産されているのは農場ではなく工場だ。食肉を製造・加工しているのは巨大な多国籍企業なのである。」

猫 画像 ベンガル猫 ロシアンブルー アビシニアン 家庭菜園 ベランダ菜園 猫と一緒にグリーンライフ TPP

【I映画『フード・インク』公式サイト – CinemaCafe.net】Victory Gardens

第一次世界大戦の前には、北米や欧州のほとんどの都市では、空き地を使って食料を生産する活動が組織的に行われていた。戦時中に食料を買えない人々にとっては、いざという時のために食べものを準備しておく場所だったのだ。都市での食料生産は、単に食料不足を補うための活動から、「ビクトリー・ガーデン(勝利の庭園)」と呼ばれた戦時体制を支える運動として展開された。多くの農民が戦地に行ったので、食料の生産量は劇的に減少し、農民の代わりとして大勢の市民農家が組織された。第一次世界大戦が終わり翌年の1919年には、「ビクトリー・ガーデン」のような場所が約528万5000ヶ所もあったと言われている。

第一次世界大戦が終わると、都市で食料を生産する活動は一時的に減少した。それでも1929年に始まった世界恐慌が悪化すると、「リリーフ・ガーデン(救済の庭園)」として復活した。さらに1939年には第二次世界大戦が勃発したことで、再び「ビクトリー・ガーデン」が熱気を帯びて開始された。米国農業省(United States Department of Agriculture、USDA)も、国策として、『ビクトリー・ガーデン』というタイトルの20分の映画を制作・上映した。戦時体制を支えるために、家族がそれぞれの役割を果たすよう、市民を「徴用」することが目的であった。映画では、土地を農地にする方法を説明している。最初は庭だった土地が、時とともに「ビクトリー・ガーデンという本当の農園」に変わっていった。ビクトリー・ガーデンであることを示すために、自分で看板を建てることもあった、そこには、「1942年、我が家ではビクトリー・ガーデンを設置する。食料の重要性を知った私たちは、自ら食料を生産して備蓄する」と記載され、署名をすることもあった。それは食料に対する宣言であるとともに、愛国心の表明でもあった。

猫 画像 ベンガル猫 ロシアンブルー アビシニアン 家庭菜園 ベランダ菜園 猫と一緒にグリーンライフ TPP

【Internet Archive】Victory Gardens(動画)

こうして、「ビクトリー・ガーデン」は流行になり、愛国的な行為として大いに奨励された。食料自給を美徳として奨励するポスターが貼られ、1942年には、「ビクトリー・ガーデンを裏庭でー自分で野菜を育てる簡単なルール」という本も出版された。その序文では「この世界大戦にはすべてのアメリカ人が参加している。農産物を生産する人々も、国民の健康と、戦争の勝利を支援する一員である」。ルーズベルト大統領のファーストレディーであるエレノア・ルーズベルトも、ホワイトハウスの庭園で野菜を育てた。こうしてアメリカは、第二次世界大戦において大量の市民農家を動員することに成功した。最大時には、家庭菜園の規模のビクトリー・ガーデンが民間・公共の両方を合わせて2000万ヶ所で開設され、農産物の40%を自給していたという。

世界貿易機構(WTO)の前身である「関税及び貿易に関する一般協定(GATT)」の政策に対して、自由貿易が環境、社会、経済に予想もつかないような影響をもたらすことに配慮することを求めた。しかし、GATTでは、あくまでも自由貿易こそが進歩だと考え市場開放に突き進み今に至る。「フードマイル」とは、食料が生産された場所から、最終的に消費者が購入するまでを表示することにより生産地から消費地までの「食品の輸送距離」が分かり、長距離輸送によって、燃料の消費量が増加する食品に課税する方法。日本の生活の特色や習慣が、安くて早い、ありきたりな文化にとって代わってしまう。ファストフードの滅亡の危機へ向けて突き進もうとするするスピードから、私たちを開放しなければなりません。私たちの穏やかな歓びを守るための唯一の道は、ファストライフという全世界的な狂気に立ち向かう勇気が必要なのだと思う。
つづく・・・

CP+ 2015

CP+とは、日本発の最新製品や技術を紹介し、産業と写真映像文化のさらなる発展に貢献する年に一度の国際的な大型「総合的カメラ映像ショー」。このCP+で発表直後のカメラ新製品が展示されるので、ビジネスユーザー・コンシューマー問わず、カメラユーザーには見逃せないイベントとなっている。

猫の健康管理

かいちゃん:おしっこ(05:40 正常)
ふうちゃん:おしっこ(06:03 正常)
ふうちゃん:うんち(06:05 正常)
そらちゃん:うんち(06:40 正常)
あおちゃん:おしっこ(07:09 正常)
くうちゃん:おしっこ(12:29 正常)
かいちゃん:おしっこ(12:53 正常)
かいちゃん:おしっこ(18:24 正常)
りくたん:おしっこ(20:35 正常)
あおちゃん:おしっこ(20:53 正常)
かいちゃん:おしっこ(23:59 正常)
※確認できた時間

猫の健康管理(2月20日)
そらちゃん:おしっこ(10:30 正常)
かいちゃん:おしっこ(16:20 正常)
※確認できた時間

猫の健康管理(2月21日)
そらちゃん:おしっこ(13:21 正常)
そらちゃん:おしっこ(18:37 正常)
りくたん:おしっこ(18:42 正常)
かいちゃん:おしっこ(18:44 正常)
くうちゃん:うんち(18:54 正常)
あおちゃん:うんち(21:00 正常)
かいちゃん:おしっこ(22:58 正常)
※確認できた時間

【関連記事】
今日も朝から大運動会♪|「奇跡のりんご」酸化しても茶色くならない米国農務省(USD)の承認がおりる・食の安全(7) (2015年2月17日)
シェ〜ッ!!・日本の医療とTPP(26) (2014年4月1日)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.