Happy Birthday りく・かい・くうちゃん

りく・かい・くうちゃん7歳のお誕生日おめでとう♪

10月4日でベンガル3兄妹のりく・かい・くうちゃんが7歳の誕生日を無事に迎えることができました。はじめはベンガルの女の子1匹だけを迎える予定でしたが、ブリーダーさんの別のお母さん猫が出産を控えていること、仲良く3匹で遊んでいるのを見て離れ離れになったら可哀想かなと思い、兄妹3匹一緒に新たな家族として迎え入れることに決め一緒に連れて帰ってきました。

男の子のりくちゃんは、少し体が大きめだったので見分けがつくのですが、かいちゃんとくうちゃんは最初の頃は区別がつかなく、慣れるまでかいちゃんに赤いリボンをつけていました。神戸から帰宅の車中でも3匹とも諦めることなく汗だくになりながら声が枯れるまで鳴き続けていたのを思い出します。育った環境が変わった事もあり、自宅に帰り迎え、他の猫と「はじめまして」の挨拶をしてから、りくちゃんは特発性膀胱炎になりました。かいちゃんは活発に動く猫ちゃんで、空腹になると嘔吐をしてしまいます。くうちゃんは2歳の時に先天性の膝蓋骨脱臼が見つかり手術をしました。その後もりくちゃん・くうちゃんは特発性膀胱炎を繰り返し、くうちゃんの血尿・粗相は約2年半続きました。

正直、8匹のうちこの3匹のベンガル3兄妹はとても手がかかりました。くうちゃんの粗相に関しては正直精神的にもきつい時期があり、悩み抜いた末、ブリーダーさんに返そうかと思い実は一度電話したことがありました。でも、そのとき、ブリーダーさんが電話に出れなかったのです。その時、我に返り「やっぱり私がくうちゃんを看取るまで一緒にいよう」と腹を決めました。あの時ブリーダーさんが電話に出ていたら今、私の側にくうちゃんはいなかったかもしれません。電話に出られなかったということは、今回、新たに家族として迎え入れたくうちゃんは、私と一緒にいる「運命の猫」だったのだと思いました。

現在、りくちゃんはとてもデリケートな性格のでちょっとのストレスで過剰グルーミングをしたり、時々血尿を出したり粗相をすることがたまにあります。かいちゃんは粗相はしませんが、やはり時々空腹になると吐いてしまいます。くうちゃんは、私の責任の元で精神安定剤を量を減量しながら飲ませています。最近は殆ど粗相もなくなり2年半続いた血尿も止まりました。今では、名前を呼ぶと喜んでお腹を見せてゴロゴロと喉をならして甘えてくれます。

猫は単独行動をする動物です。狭い家の中で5匹以上の多頭飼いで必ず粗相をする猫がいるといわれています。うちには8匹の猫がいます。私が行かなくてもスリスリ甘えてくる猫、他の猫がいるときは構ってほしくないけど自分だけのときは構ってほしい猫、私がくるのを待っている猫、今は構ってほしくないけど、猫の都合のいい時には構ってほしいという、猫の奔放で不思議な魅力と表現すればいいのか、本当に自由きままな動物です。

そして、人間同様、性格もみんな異なります。個性だってあります。良い部分悪い部分だってあります。人は相手の良い部分より悪い部分をみて判断してしまうことが多いです。あの人のこういう所が嫌い、無理、見た目が嫌・・・など。悪いところばかりじゃない。良いところだってたくさんあります。それは猫も同じ。粗相をきっかけに、私はくうちゃんの悪いところばかり目につくようになってしまいました。本当は純粋で、すっごく甘えん坊で寂しがりやで、私のことが大好きだって手にとるように分かる仕草をしてくれるくうちゃんに対し、私が気が付かないせいで寂しく、悲しい思いをさせてごめんね。

くうちゃんは辛い手術も乗り越え苦しいリハビリも耐え抜いたとても強い猫ちゃんです。そして8匹の中で一番一番甘えん坊でかまってちゃんです。今は一番にくうちゃんを褒めるようにしています。何をしても褒める。間違って粗相をしても怒らない。気にしない。そして褒める。その繰り返しでくうちゃんの粗相は全くなくなりました。今では指を差し出すと「にゃー」といって、私の指をいつもなめてくれます。名前を読んだだけでお腹を見せてくれます。本当に愛おしい。

猫から学ぶ兄妹愛。家族として迎え入れた兄妹猫3匹。迎え入れてから振り返ってみると、猫から大切なことを学ばせてもらいました。人として生涯心に留めておきたいライフレッスンまでたくさんのことを教えてくれました。猫は私をかばい、いつでも味方になってくれます。悩んでいる時も、超えられない目標が超えれるように勇気を与えてくれました。どんな小さいことでも素直に喜べるようになりました。人生にも我慢が必要だと言うことを教えてくれました。家族が8匹となり「信用すること」の大切さを学びました。最後に、猫を含め命を守ることの大切さを教えてくれました。私は8匹の猫にたくさんのことを教えてもらいました。猫には感謝しなければいけません。

今日はりく・かい・くうちゃんの7歳の誕生日。

年々猫たちも歳をとっていきます。若い頃から積み上げてきた経験、磨いて来た感性は、年を重ねてこそ生き方そのものに活かされます。

私も猫から日々学び、肩の力を抜いて猫と一緒にこれからの人生を自分らしく過ごし、8匹の大切な家族には、つらい思いをさせず、猫が猫らしく穏やかな日々を過ごせるように環境を整え、寂しい思いをさせず、猫が側にして欲しい時を察してあげれるように、猫との時間を大切にしていきたいと思います。

りく・かい・くうちゃん、私のもとに来てくれて本当にありがとう。

そして、私が最期まで側で守るからね。

Happy Birthday!りく・かい・くうちゃん♪

猫 スノーベンガル ベンガル cat bengal TICA くうちゃん
【りくちゃん】
猫 スノーベンガル ベンガル cat bengal TICA くうちゃん
【かいちゃん】
猫 スノーベンガル ベンガル cat bengal TICA くうちゃん
【かいちゃん】
猫 スノーベンガル ベンガル cat bengal TICA くうちゃん
【くうちゃん】
猫 スノーベンガル ベンガル cat bengal TICA くうちゃん
【くうちゃん】
【ベンガル】はじめまして‼︎ ベンガル3兄弟 りく・かい・くうです‼︎
今日からベンガルの3兄弟を新たな家族として迎え入れることになりました。 早速、あおちゃんから「シャー‼︎」と洗礼を受けています。先住猫の3ニャンと新たに迎え入れた3にゃん。お互いに自己紹介をし、慣れるには少し時間が必要だと思いますが、早く仲良く走り回って遊べれるようになればいいな〜と思います。 今日から3にゃんの大冒険が始まります。名前は「りく・かい・くう」です。宜しくお願いします。 ...
【膝蓋骨脱臼】猫の膝蓋骨外方脱臼 治療プログラム|手術は無事終了しました♪
今日くうちゃんの左膝蓋骨外方脱臼の手術を行いました。午前中にくうちゃんを動物病院へ連れて行き、午後16時過ぎに動物病院から電話があり血液検査(凝固系)の結果問題ないのでこれから手術を行うとの連絡があり、動物病院へ向かいました。動物病院に到着した時はすでにくうちゃんの手術が始まっていました。私はくうちゃんの手術に立会いくうちゃんの手術成功を祈り続けました。執刀医から「この子は溝(滑車溝)がほとんどな...
error: Content is protected !!