【膝蓋骨脱臼】猫の変形性膝関節症の進行予防とサプリメントの効果について|ベンガルりくたんのカンフーキャットでアチョアチョアチョー♪

変形性膝関節症(へんけいせい しつかんせつしょう、英: osteoarthritis、OA)は、は、筋力低下、加齢、肥満などのきっかけにより膝関節の機能が低下して、膝軟骨や半月板のかみ合わせが緩んだり変形や断裂を起こし、多くが炎症による関節液の過剰滞留があり、痛みを伴う病気です。膝関節のクッションの役目を果たす膝軟骨や半月板が長期間に少しずつすり減り変形することで起こるもの(一次性)と、関節リウマチや膝のケガなどの他の原因によって引き起こされるもの(二次性)の2種類があります。

関節軟骨の構造は、体積比で表した場合、水が約70%と最も高く、ついでコラーゲンが約20%、プロテオグリカンが約8%であり、軟骨細胞が約2%となっています。関節軟骨の力学的特性は、粘土のように弾性を併せもっており、運動時にショックアブソーバー(撃や振動が骨に直接伝わらないようにする装置)として機能しています。この粘弾性の特性は、細胞外基質中に含まれるプロテオグリカンの特性に依存しています。

関節軟骨の細胞細胞外基質は、おもにⅡ型コラーゲン、プロテオグリカン、ヒアルロン酸であり、Ⅱ型コラーゲンは軟骨湿重量の約20%、乾燥重量の約50%、軟骨コラーゲンの約90%を占める主要な構成成分です。これまでの医学では、軟骨は再生されないと考えられてきました。栄養学的な視点を欠いた考え方で、グルコサミンはアグリカンの原料を作るコンドロイチン硫酸合成系を体内で刺激し、プロテオグリカンを再生させ、その結果として軟骨のクッション性を回復させる力があると考えられています。

プロテオグリカンを摂取することで、軟骨の細胞のもとになるものを増やすことができると言われています。軟骨の減少を予防できると症状の進行に歯止めをかけることが期待できます。さらには、抗炎症作用によって痛みの緩和も期待できます。このように、さまざまな角度から変形性関節症に働きかけるのがプロテオグリカンです。

関節軟骨のすり減りによって、膝などの関節は痛みを生じることになりますが、その時、軟骨のすり減りがプロテオグリカンの部分だけ、という事ではありません。コラーゲンは関節軟骨においては、関節軟骨においてはプロテオグリカンやヒアルロン酸などを繋ぎとめる土台となる部分であり、関節軟骨をより健全な状態にするためにはとても大切な成分だからです。

しかし、関節軟骨の再生には簡単なことで無くなったものを元に戻すより、無くならないようにしたほうが遙かに効率がよいと言うことかもしれません。それを達成するには生活習慣の改善、体重の抑制など生活習慣病を予防するためのきめ細かい取り組みが必要なのだと思います。海外での動向も含め、変形性膝関節症の治療方法や進行を遅らせるサプリメントやオメガ3や療養食のキャットフードなどの情報について調べていきたいと思います🐾

ポーと猫の写真館

猫と一緒にグリーンライフ

【そらちゃん】変身!!今日も元気に遊ぶよ~(Ф∀Ф)

猫と一緒にグリーンライフ

【そらちゃん】みんな~集合~♪♪♪

猫と一緒にグリーンライフ

【りくたん】ありゃぁぁぁ!!滑っちゃったぁ~!!

猫と一緒にグリーンライフ

【りくたん】さぁ!!気を取り直して~ブルース・リク♪アチョアチョアチョー!!

猫と一緒にグリーンライフ

【りくたん】おりゃぁぁぁ!!つかんだぁぁぁ!!

猫と一緒にグリーンライフ

【だいちゃん】だいちゃんもりくたんに負けないよ~

猫と一緒にグリーンライフ

【だいちゃん】さぁ~こっちに来いこーい!!

猫と一緒にグリーンライフ

【だいちゃん】だいちゃんはカメハメハ~!!!!

猫と一緒にグリーンライフ

【だいちゃん】キテマスキテマス~♪♪♪

猫と一緒にグリーンライフ

【くうちゃん】くうちゃんも猫じゃらしつかまえるよ~(ФоФ)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.