【猫と考える日本の未来】今日オバマ大統領訪韓 朴槿恵大統領と3回目の首脳会談 | 韓国TPP・FTA関連情報

朴槿恵(パク・クネ)大統領が25日、1泊2日の日程で訪韓するバラク・オバマ米大統領と首脳会談を行う。

オバマ大統領は同日午後、韓国を訪問し、ソウル龍山(ヨンサン)戦争記念館と景福宮などを相次いで訪問し、大統領府で、朴大統領と首脳会談と共同記者会見などの日程をこなす。

猫 画像 ベンガル猫 ロシアンブルー アビシニアン 家庭菜園 ベランダ菜園 猫と一緒にグリーンライフ TPP

オバマ大統領の訪韓は今回が4回目となり。歴代アメリカ大統領の中で最も多く訪れる大統領となる。また、朴大統領との首脳会談は、昨年5月に訪米し、当時行われた韓米首脳会談と、先月25日、オランダ·ハーグの第3回目の核安全保障サミットの際に開かれた日米韓首脳会談に続いて3度目となる。

今回の会談では、韓米同盟の発展の方向性、最近、北朝鮮の核実験の脅威に関する動向を含め、核や北朝鮮問題、北東アジア情勢などの戦略的なレベルでの議論が行われる見通しだ。

特に豊渓里(プンゲリ)の核実験場一帯で4度目の核実験と関連し、北朝鮮の多くの活動が感知されているだけに、韓・米同盟の強固さを固めて北朝鮮の核の脅威に対処して隙のない対北朝鮮協調を確認することに注力するとみられる。

また、朴大統領の「統一大当たり論」と「ドレスデン宣言」を基にした朝鮮半島統一のビジョンを共有し、北東アジアの平和協力構想など、北東アジアの平和·安定のための詳細な議論を行う予定。

オバマ大統領は、旅客船セウォル号沈没事故と関連した哀悼の意をも伝えるものと見られる。特に継続して犠牲者が出ているだけに、オバマ大統領が訪韓期間中、競技鞍山のセクション高校や臨時合同焼香所が設けられたオリンピック記念館などの訪問の可能性も考えられている。

猫 画像 ベンガル猫 ロシアンブルー アビシニアン 家庭菜園 ベランダ菜園 猫と一緒にグリーンライフ TPP

さらに、今回の首脳会談を契機に、米国から韓国へ返還される国璽(こくじ)「皇帝至宝」など9個の印章に関する行事も開かれる。

猫 画像 ベンガル猫 ロシアンブルー アビシニアン 家庭菜園 ベランダ菜園 猫と一緒にグリーンライフ TPP

両首脳はこの日、首脳会談後の共同会見で会談の結果を説明し、共同声明やそれに準ずる文書を採択して発表を行う予定。続いて、大統領府で1時間30分ほど夕食会も行う。

ジュチョルギ大統領府外交安保首席は24日、ブリーフィングを通じて「これまで以上により強力な韓米関係とアジア·太平洋地域の平和と安定のための「核心軸(linchpin)」であり、グローバル・パートナーシップとしての韓米同盟を再確認する機会になるだろう」と期待した。
※翻訳:ポー(一部抜粋)
오늘 오바마 방한…朴대통령과 3번째 정상회담
NEWSis(韓国語)(2014-04-25 05:00:00)


戦争記念館(せんそうきねんかん)は、大韓民国ソウル特別市龍山区にある軍事博物館。先史から現代に至るまでの朝鮮半島における戦争と軍事に関する展示がなされており、その中でも韓国戦争(朝鮮戦争)が展示の中心である。

景福宮(けいふくきゅう 경복궁 キョンボックン)は、朝鮮王朝(李氏朝鮮)の王宮。李成桂により1395年に現在の大韓民国ソウル特別市鍾路区世宗路1-56に置かれた朝鮮王朝の王宮である。近代では、大日本帝国に併合された後に朝鮮総督府の庁舎が置かれた。大韓民国が建国された後は、敷地の一部に大統領官邸(青瓦台 せいがだい チョンワデ)が置かれている。

統一大当たり論(統一に伴う特需論)・ドレスデン宣言は、朴槿恵大統領が2014年3月28日にドイツのドレスデン工科大で発表した韓半島平和統一のための構想。(1)南北住民の人道的問題解決、(2)南北共同繁栄のための民生インフラ構築、(3)南北住民間の同質性回復の3大提案が盛り込まれている。

セウォル号沈没事故に対し東方神起(カシオペア)、SUPER JUNIOR(ELF)ファンクラブも救援物資・募金を開始
東方神起のファンクラブ(Cassiopeia)もTwitterでカシオペア名で「毛布配信募金」を開始し、SUPER JUNIORのファンクラブ(E.L.F)はTwitterで「ELF 旅客船セウォル号救援物資募金」アカウントを開設し募金運動を開始した。セウォル号救援物資募金は、「SUPER JUNIORファンクラブELF」の名で送られる。

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)をめぐる日米交渉は、首脳会談終了後から閣僚が協議を再開するという異例の「延長戦」を行った。牛・豚肉などの輸出拡大をめざして関税撤廃などを強く求める米国に対し、日本はなんとか折り合いを付けようと、ぎりぎりの攻防が続いた。24日夕、東京・永田町の合同庁舎。フロマン米通商代表部(USTR)代表との協議を終えた甘利明TPP相は、疲れの見える顔で淡々と「前進はあったが課題は残されている」と語った。両首脳の指示を受けて、この2日間で3回の会談を行ったが、一致点は見いだせなかった。

米韓にとって非常に重要な課題の1つは貿易問題である。米韓FTAはアメリカ経済に十分なプラス効果を与えていないのではないかという批判が増加している。米国通商代表の事務局が最近行った評価では、原産地規則、医療機器の償還、オーガニック認証、および排ガス基準などの分野で、韓国のコンプライアンスに改善の余地があり得ることを示唆している。

米韓協力の可能性があるもう1つの分野は人権問題である。アメリカ国務省が最近発表した人権に関する報告書や、定期的に公開される国連調査委員会の北朝鮮の人権に関するリポートを踏まえて、両大統領はこの問題により上手く協働して取り組むという両国の決意を新たにすることができる。

気候変動とエネルギー問題に関しても、韓国はボリョン(保寧)市とサムチョク(三陟)市に新たなLNG輸入ターミナルを建設する予定で、ターミナルの数は計6基地に増加する。また、米国もアメリカ南部およびアメリカ西部に新しいLNG輸出ターミナルの建設を計画している。

米韓両指導者はエネルギー問題や二酸化炭素の排出量削減に関して取り組みを発展させることでさらなる協力関係を再確認することが見込まれる。

オバマ大統領のソウル訪問は短いものになると思われるが、合意形成が期待できる課題において小さな進歩を遂げることは、行き詰まりが予想される日本との環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)協議をするより有益と考えているのか。日本がTPPで後発で参加表明した韓国に主導権を奪われないことを望む。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.