【猫と考える日本の未来】朴槿恵大統領 朝鮮半島統一でジム・ロジャーズ北朝鮮に全財産を投資する | 韓国TPP・FTA関連情報

朴槿恵(パク・クネ)大統領は27日(現地時間)、ドイツの両国の経済人たちと会い「朝鮮半島統一のための準備は、政府だけでなく、経済人の皆さんの参加が何よりも重要だ」と呼びかけた。

朴大統領はこの日午前、ベルリン現地で経済人連合会とドイツ経済エネルギー省およびアジア·太平洋経済委員会が共同主催したドイツ経済人との昼食会に出席し、基調演説で「ドイツ統一後、旧東西ドイツの実質的な経済統合のプロセスには企業の様々な経済協力が大きく貢献したと聞いている」と明らかにした。

朴大統領は「独総合電機大手シーメンスも旧東ドイツ地域の人材を雇用して東西ドイツ間で実質的な経済統合に貢献した成功事例」とし「このような貴重な経験とノウハウを、この機会に韓国企業が多くを学ぶことができることを願う」と話した。

また、「世界的な投資家ジム·ロジャーズ会長が朝鮮半島統一することになれば、北朝鮮に全財産を投資すると明らかにした」とし「今後、ドイツの企業も投資と経済協力を通じ、南北経済統合プロセスに貢献しながら、新たな機会を創出することを期待してならない」と訴えた。

朴大統領は「統一されたドイツが、今日の低迷した欧州経済を導く成長源である同時に重要な役割を果たしているように、朝鮮半島統一も韓民族はもちろんのこと、世界経済に新たな活力を提供する大きなチャンスになるだろう」と語った。

韓国への投資拡大も要請した。朴大統領は「韓国に投資すれば、ダイナミックに発展している北東アジア全体を一つの市場としてとらえることができ、ひいては韓国の大規模な自由貿易協定(FTA)ネットワークを介して全世界の市場に進むことができる」とし「ソウルから上海間の距離(863km)は、ベルリンからパリ間の距離(879km)よりも近く、ソウルから東京までの距離も1000㎞に過ぎない」と述べた。

朴大統領は「いち早く、韓国に投資したドイツの企業は、成功を収め投資を拡大している」とし「韓国政府は韓国を信じて投資したドイツ企業が必ず成功できるよう、すべてのサポートを行います」と約束した。

併せて創造経済と関連して「韓国は科学技術とITの産業と文化を融合し、新たな市場や雇用を創出する『創造経済』を推進している」とし「グローバル製造業大国と同時に技術革新の先導国である両国がそれぞれの強みに基づいて協力を促進することで、より大きなシナジー効果を創出することができるだろう」と期待している。

朴大統領は「ドイツのライン川の奇跡があるなら韓国には漢江(ハンガン)​​の奇跡がある」とし、「ドイツの発展が徹底した職業訓練のマイスター精神で武装した最高の専門知識が土台になったのなら、韓国も人的資源と技術により乏しい資源の限界を克服し、産業を起こした」と話した。これに対し、「「使用可能な手先の器用さがあれば、すべての土地が金鉱になる」は、ドイツの諺を韓国も実践してきた」と述べた。

朴大統領はまた、「韓国とドイツは試練と発展の歴史を共有しているが、文化的な側面でも多くの共通点を持っている」としながら、「似た者同士惹かれる」は、ドイツの諺があるように、「両国の経済人は、近くにいるパートナーであり友人になることができるだろう」と付け加えた。

この日の昼食会には、ドイツ経済関連の人や企業CEOなど70人余りが参加し、韓国側は、全国経済人連合会の許昌秀(ホ・チャンス)会長を含めた中堅・中小企業の経済使節団105人と政府代表団など120人余りが参加した。
※翻訳:ポー(一部抜粋)
NEWSis(韓国語)(2014-03-27 20:32:11)


遠からず世界で通貨危機が起こる。次々に「アラブの春」と呼ばれる革命が起こった理由は、人々が政府の思想に反対したからではなく、自国通貨が弱くなりインフレが起こり、日用品が高騰して生活が苦しくなったから。これほどまでに急激な円安はドイツや韓国など諸外国の輸出業にも影響を与える。日本企業も原材料の多くを海外から輸入しているので、ビジネスのコストもはね上がり10年後、15年後、アベノミクスが続けばひどい状態が予想される。日本は近い将来大変なことになる。少子化で、労働力もなく、債務はどんどん膨らむ、そして通貨の価値が下がり国力は落ちる。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.