ディープラーニング協会 G検定(ジェネラリスト検定)を受験してみよう♪

人工知能(AI)、IoT(Internet of Things)、ビッグデーター、第4次産業革命、インダストリー4.0などが新しいビジネスの軸として注目されつつあります。AIやIoTによって、今産業構造が大きく変わろうとしています。今から5億年以上の昔、古生代カンブリア期に生物が増え、多くの生物の原型がこの時期に誕生したと考えられています。この現象は「カンブリア爆発」と呼ばれています。有力な原因仮設はこの時期に生物が「目」を獲得し、それが捕食方法と進歩と生きるための戦略性を高め、生物の高度化と多角化が一気に進歩したと考えられています。

イーロン・マスク(Elon Musk)率いる米テスラ(tesla)を始めとする自動運転車、それに続くGoogle(Google DeepMind)やApple(Siri)、Amazon(Alexa)等。この業界では、画像認識・技術処理の発達、AIアルゴリズム等のソフトの面と、それを補うセンサやカメラなどのハードの急激な進化により、自動車産業だけでなく幅広い分野で「カンブリア爆発」的なパラダイスシフトが起きています。

これから起きることはAI vs 人間の戦いではなく、複雑なデータやAIの力を活用する人と活用しない人との戦いになる。日本の決められたルールの上での戦いではなく、自分自身で新しい道を切り開くサバイバルスキルが重要になる。上司に、人に言われたこと、「きっちりやり抜く」力も重要ではありますが、「こんなことができたらいいな」を想像し、それを形とてサービスとして具現化できる能力が重要になっていきます。人に支配されず、自由に生きるための必要なスキルがAI・データ時代における日本人として学ぶべき点なのだと思われます。

「ディープラーニング」(深層学習)の発展によって、音声・画像認識の制度も高まりました。日本でも経済産業省、総務省、文部科学省も連携し研究を推進しているので、今後AIの研究開発が大きく前進し、日本全体にとって大きなチャンスとなります。まずは、ディープラーニングを用いたシステム・技術について少しずつ学び習得していきたいと思います。

一般社団法人日本ディープラーニング協会

JDLA DeepLearning for GENERAL 2017(2017年12月16日実施)
総受験者数:1,448名
合格者数:823名

JDLA Deep Learning for GENERAL 2018 #1(2018年6月16日実施)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.