【猫と考える日本の未来】ホワイトハウスが携帯電話の交替を検討中 サムスン電子 イ・ジェヨン副会長 オバマ大統領と26日初めて経済人朝食懇談会で会う

イ・ジェヨン(李在鎔、이재용、1968年6月23日、慶応大大学院卒)サムスン電子副会長とバラク・オバマ米大統領が26日に初めて公式の席上で会う。サムスン電子のスマートフォンがホワイトハウスに導入することができるか関心が集まっている。

財界によると、イ・ジェヨン副会長は26日、駐韓米国商工会議所(AMCHAM)主催で、ソウル市内で行われるオバマ大統領招待経済人朝食懇談会に参加する予定だ。

イ・ジェヨン副会長とオバマ大統領は今回が初めて出会いとなり、サムスン電子のスマートフォンがホワイトハウス内部の通信機器に指名される1つの転機になる可能性があるというのが業界の観測だ。

外信と業界関係者によると、ホワイトハウスで、サムスン電子のスマートフォンを試用していることが分かった。

業界関係者は「ホワイトハウスで、サムスン電子のスマートフォンを使用するためにテストされていることを知っている」とし「イ・ジェヨン副会長が26日、オバマ大統領と会って関連する話ができるのではないかとと思う」と話した。

サムスンは最近、米国政府からスマートフォン注文を受けた。業界関係者によると、サムスンは最近、米国陸軍から7000台のスマートフォンの注文を受けた。米国国家安全保障局(NSA)から受注したスマートフォンは、数千台に達した。

最近、オバマ大統領がホワイトハウスで、米プロ野球球団ボストン·レッドソックス所属のオルティス選手とサムスンの「ギャラクシーノート3(Galaxy Note 3)」で撮影した写真がオルティス選手のツイッターを通じて知られ話題になった。

一方、これまでホワイトハウスでは、機密保護機能が優れていると知られている「ブラックベリー(BlackBerry)」のスマートフォンが使用されてきた。オバマ大統領もブラックベリーを愛用していることが知られている。
※翻訳:ポー(一部抜粋)
이재용 부회장-오바마 26일 ‘첫 공식만남’
NEWSis(韓国語)(2014-04-26 07:00:00)


「オバマ大統領招待経済人朝食懇談会」には、韓国財界の要人が10人前後出席するとのことだ。
確定している出席者は許昌秀全経連会長、朴容晩(パク・ヨンマン)大韓商工会議所会長(斗山グループ会長)、韓悳洙(ハン・ドクス)韓国貿易協会会長、趙亮鎬(チョ・ヤンホ)韓進グループ会長ら。また、サムスングループからは李健煕(イ・ゴンヒ)会長に代わり李在鎔サムスン電子副会長が出席し、現代自動車グループからは鄭夢九(チョン・モング)会長または息子の鄭義宣(チョン・ウィソン)副会長が出席するとのことだ。財界関係者は、趙洋来(チョ・ヤンレ)韓国タイヤ会長も出席するとのこと。韓国タイヤはアメリカテネシー州に8億ドル(約820億円)規模のタイヤ工場設立を進めている。


米ホワイトハウスは4月4日(現地時間)、オバマ大統領を撮影した写真を商業目的で利用しているとしてサムスンに対する不満を明らかにしたとウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ The Wall Street Journal)が報じた。

猫と一緒にグリーンライフ
問題となった写真は、昨季の米メジャーリーグ・ワールドシリーズを制したレッドソックスがホワイトハウスにオバマ大統領を表敬訪問した際に撮影されたもの。オバマ大統領の背後には、上原選手と田沢選手の2人の日本人選手も写り込んでいる。

猫と一緒にグリーンライフ
ホワイトハウスのJay Carney報道官は「ホワイトハウスは大統領の肖像を商業目的で使用する試みに、原則反対する。このケースでも抗議をおこなう」と発言し、直接抗議する方針を示した。写真の使用を中止することに関してサムスンと接触しているかについては、明言を避けた。

サムスンは、今年の米アカデミー賞授賞式でも同様の宣伝手法を採ったとみられている。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.