【猫と考える日本の未来】米韓首脳会談 オバマ大統領 慰安婦は非常に無残な人権侵害に当該…声を聞かなければならない・竹島(独島)は韓米防衛条約の適用対象 | 韓国TPP・FTA関連情報

バラク・オバマ米大統領は25日、日本軍慰安婦問題について「非常に無残な人権侵害を受けた」とし、日本がこれらの声に耳を傾けなければならないという立場を明らかにした。また、北朝鮮の追加挑発時には追加制裁に乗り出すことを強調した。

オバマ大統領は同日午後、大統領府で、朴槿恵大統領と首脳会談後の共同記者会見で、日韓の問題と関連した質問に対して、「韓国慰安婦たちに行われたことは非常に無残な(terrible)人権侵害」と、このように答えた。

オバマ大統領は、「この女性は戦争中の出来事とはいえ、衝撃的な侵害を受けた。(日本政府は女性らの)声を聞き、尊重しなければならない」とし、「正確かつ明確に何が起こったのかについて知らなければならない」と述べた。また、「安倍首相と日本国民も過去をより正直に、そして公正に理解しなければならないことを認識しているだろう」と付け加えた。

その一方で、「今日の日本・韓国国民の理解を見ると、共通点が多い。日本・韓国の両国が、地域経済の基礎」とし「日本と韓国の国民に話したいことは、われわれが過去を振り返りつつも、前に進まなければならないということだ」と強調した。

続いて、「若者たちを見た時に、過去の緊張を素直に解決し、未来に目を合わせてすべての人々の繁栄と平和のために努力しなければならない」と呼びかけた。

北朝鮮の核問題については、「我々は誤った行動を補償しない。北朝鮮は交渉のテーブルに非核化というものが必ずなければならない」とし「核実験の脅威が排除されなければならない」と指摘した。

さらに、「もし、長距離ミサイルや核実験など北朝鮮の挑発行動がある場合は、より多くの代価を払う追加的制裁措置を取るだろう」と警告した。

日中間の領土紛争とアメリカのリバランス政策による中国との葛藤などについても立場を明らかにした。オバマ大統領は、「米国の最優先の関心は国際規範と法治が遵守されている」とし「米国と日本、韓国の当事国が法と外交を通じてこの問題を解決するように」と述べた。

また、「中国封じ込めには関心がなく、平和に関心がある」とし、「力の行使が定義を実装する状況になってはならない。力ではなく、国際的な規範、法治をベースにしなければならない」と強調した。
※翻訳:ポー(一部抜粋)
오바마 “위안부, 충격적 인권침해 당해…목소리 들어야”
NEWSis(韓国語)(2014-04-25 19:25:21)


韓国の民間シンクタンク、峨山政策研究院が24日発表した調査結果によると、韓国では歴史問題をめぐる韓日の関係悪化に米国がしっかり対応できていないとの世論が優勢となっている。

同研究院は先月半ば、韓国の成人男女1000人を対象に世論調査を実施した。その結果、「米国が韓日の葛藤にうまく対応できないでいる」との回答が53.8%を占め、「うまく対応している」は34.8%にとどまったことが分かった。

米国が韓日のどちらをより重視しているかの質問には、32.4%が韓国、53.0%が日本を挙げた。米国が日本をより重視していると回答した人のうち42.2%は、韓国が今後中国との協力を強化すべきと考えている。

研究院は「米国の日本寄りの態度と韓日間の葛藤の仲裁に失敗したかのような格好が、韓国人を中国の方へ近づけている」と分析した。


韓国外交部の趙泰永(チョ・テヨン)報道官は24日の定例会見で、「独島は韓米相互防衛条約上、韓国の行政支配下にある領土に含まれる」との認識を明らかにした。

韓国の領土である独島に対し、外国が武力を行使する場合、米国は共同対応する義務があるとの考えを示したものと受け止められる。条約は条約当事国の領土に対する武力攻撃に共同で対応するよう定めている。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.