【猫と考える日本の未来】韓国政府 TPP参加より韓国・中国FTAを推進 | 韓国TPP・FTA関連情報

政府は今年、韓国・中国自由貿易協定(FTA)を先に進め、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加問題は、韓国国内の業界への影響を綿密に検討し決定することにした。

産業通商省は18日、韓国貿易協会と共同で通商産業フォーラムを開き、今年の政府の通商政策の推進方向と主要なFTA対応計画などを業界に紹介しました。

政府は、韓国企業の攻勢的な利益を確保するため韓·中FTAをまず推進し、農水産物などの影響を受けやすい分野の保護に重点を置くことにした。

TTPP参加問題は、予備両者協議の結果に基づき韓国国内の業界への影響を慎重に検討していくことにした。

特にTPPの短期的な影響だけでなく、中長期的な影響を考慮することはもちろん、企業別·分野別の影響についての検討と対応が必要であると強調した。

政府はまた、フォーラムでは、通常の外交合意内容を企業が実際のビジネスに関連付けることができる「首脳外交、経済活用のポータル」を実証し、「カスタマイズされたサポートシステム」で首脳外交の成果を最大化するという計画を明らかにした。

業界の参加者は非関税障壁の解消など、企業の困難を減らすことができる通商政策と政府と産業界の間のコミュニケーションの重要性を強調した。

この日のフォーラムには、尹相直(ユン・サンジク)産業通商省長官と韓悳洙(ハン・ドクス)韓国貿易協会会長をはじめ、ノ・ヒチャン繊維産業連合会会長、自動車協会会長、中小企業技術革新協会会長、農業経営者中央連合会会長、大韓弁護士協会会長、全国銀行協会会長の業界関係者30人余りが参加した。
※翻訳:ポー(一部抜粋)
NEWSis(韓国語)(2014-03-18 11:00:00)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.