【猫と考える日本の未来】済州島1億6700万ウォンを投入し畜産農家支援へ|韓国TPP・FTA関連情報

済州特別自治道は、小規模農家·高齢農家·女性農家など相対的に十分なサポートを受けることができない畜産農家が増加していることに対し、1億6700万ウォンを投入してこれらを支援すると3月6日(平成26年)明らかにした。女性農家や65歳以上の高齢農家を仕分けして対象者を選定し、雨よけ施設·堆肥舎·粗飼料の生産設備などの韓牛飼育ベースに必要な事業を支援する計画だ。自由貿易協定(FTA)交渉など、国内外の畜産業の競争力強化のための大規模化支援と並行し十分なサポートを行い農家の参加が容易な少額補助事業のメニューを拡大することにした。これと共に、特定の事業に関しては、事業計画の策定段階から十分なサポートが農家対象の支援事業であることを明示して十分なサポートができるよう農家支援を強化していく計画である。相対的に十分サポートを受けることができない農家は畜産事業を推進する際に伴う自己負担が大きな負担になる困難を経験している。畜産業を撤退しようとする考えを持っているため仕様管理技術·設備の近代化などが大規模化した農家よりも相対的に遅れをとっているのが実情である。
※翻訳:ポー
NEWSis(韓国語)(2014-03-06 08:19:24)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.