猫年がない理由

なぜ、猫年はないのでしょうか。猫年について調べてみました。

猫と一緒にグリーンライフ
猫年の由来とは、

支那の帝王が、「元日の朝、新年の挨拶に出かけて来い。一番早く来た者から十二番目の者までは、順にそれぞれ一年の間、動物の大将にしてやろう」とお触れを出したそうです。

動物たちは、おらが一番とて、めいめいが気張って元日が来るのを待っておった。ところが猫は神様のところにいつ行くのか忘れてしまったので、ねずみに訊くと、ねずみはわざと一日遅れの日を教えてやった。猫はねずみが言うのを間に受けて、喜んで帰っていったと。

さて元日になると、牛は「おらは歩くのが遅いだで、一足早く出かけるべ」とて夜のうちから支度をし、まだ暗いのに出発した。牛小屋の天井でこれを見ていたねずみは、ぽんと牛の背中に飛び乗った。そんなこととは知らず、牛が神様の御殿に近付いてみると、まだ誰も来ていない。

我こそ一番と喜んで待つうちに門が開いた。とたんに牛の背中からねずみが飛び降り、ちょろちょろっと走って一番になってしまった。それで牛は二番、それから虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪の順で着いた。猫は一日遅れで行ったものだから番外で仲間に入れなかった。それでねずみを恨んで、今が今でもねずみを追い回すのだそうな。

動物の十二支が最初に文献に現れるのは、後漢時代に書かれた『論衡(ろんこう)』です。著者は王充(おういつ、おうじゅう、紀元27~100?)。民衆に干支を普及させるため、あるいは辺境民族との交易で誤解がないように、干支をなじみ深い動物に置きかえた、と言われています。

中国最初の猫は三蔵法師が伝えたという伝説があります。経典をネズミに食べられるのを防ぐ目的です。これは、日本に猫が輸入された目的と同じです。

世界の十二支 十二支の動物
日本の干支 鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪
中国の干支 鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪
台湾の干支 鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪
韓国の干支 鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪
チベットの干支 鼠、牛、虎、、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、豚
タイの干支 鼠、牛、虎、、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、豚
ベトナムの干支 鼠、水牛、虎、、龍、蛇、馬、山羊、猿、鶏、犬、豚
ベラルーシの干支 鼠、牛、虎、、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、豚
鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、豚
ロシアの干支 鼠、水牛、虎、兎、龍、蛇、馬、山羊、猿、鶏、犬、豚
モンゴルの干支 鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪
鼠、牛、豹、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪
フランスの干支 鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪

世界には、猫年は存在しているから、猫年を普及させよう!!

猫年に関しては、継続して調べてみます!!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.