あおちゃんに対する私の想い

あおちゃんが悪性リンパ腫の疑いがあり余命宣告を受けから2ヶ月が経過しました。ここ10日間位で、段ボールの中に入るのも嫌がり、フローリングの冷たいところに座るようになりました。そして、ここ数日の間に目に見えるほどの黄疸が強く発現し、辛くて苦しそうなあおちゃんを見てるがとても辛く悲しくなりました。 ゴ...

記事を読む

ロシアンブルー あおちゃんお誕生日おめでとう♪

猫は私の人生になくてはならない存在。毎日、8匹の猫の愛と癒やしで助けられながら楽しく生活しています。今日は1年に1度の特別な日。ロシアンブルーのあおちゃんが9歳のお誕生日を迎えることが出来ました。 2月中旬頃から体調を崩し、食欲が低下するようになり、3月6日に動物病院で血液検査を行い、悪性リンパ腫...

記事を読む

ロシアンブルー そらちゃんのお花見♪

そらちゃんと一緒に近くの神社でお花見をしてきました。満開の桜の花はまぶしいほど美しい。そらちゃんは家猫ですが、時々ベランダやお庭の探索をしたり、お花やローズマリーや野菜の匂いをかいだり、虫を追いかけたりするのが楽しみ。一緒にお散歩をしながら、桜の並木を見たり、タンポポの花の匂いや草木の匂いを嗅いだ...

記事を読む

あおちゃん(3月17日)

今日は、芽キャベツを収穫しました。芽キャベツの旬は冬から春。家庭菜園の楽しみは、自分で種をまき、芽が出て、それを育てる楽しみ。そして収穫する楽しみ。さらに自分で作った手作り野菜を食べる楽しみ。また、これらの楽しみの一つ一つの中に、自然の営みの不思議さと感動を味わえるところにあります。 季節ごとに旬...

記事を読む

あおちゃん(3月16日)

一念発起は誰でもするよね。努力ならみんなするよね。そこから一歩抜き出るためには、努力の上に辛抱という棒を立る。辛抱という棒の先にキレイな花が咲く。花が咲くには時間がかかるもの。そんなこと分かっているじゃない。今日、あおちゃんに少しでも元気が出るようにとオレンジ色のガーベラをプレゼントしました。ガー...

記事を読む

あおちゃん(3月15日)

あおちゃんの食事介助用に子ども用ではありますが、おでかけエプロンを買いました。食事介助する際にフードであおちゃんの被毛を汚さないために。あおちゃんは、アレルギー体質でカラーを付けていた時期が長いのでカラーを付けること自体は慣れていますが、カッチとしたカラーよりも不織布で作られた柔らかいエプロンなら...

記事を読む

あおちゃん(3月14日)

あおちゃんは、ごはんの用意を始めるといつも食事を食べるテーブルの上にジャンプして座って待っていてくれます。可能な限り、フードの種類、匂いや温度などに配慮し、食事介助を行わず自発的にフードを食べられるようになればと試行錯誤してきました。しかし、病気の進行とともに体力が低下し、フードを食べたいけど、自...

記事を読む

あおちゃん(3月13日)

今日、動物病院の先生とあおちゃんの余命について話をしました。「余命」とは、残りの命のことです。獣医師から伝えられる「余命宣告」は衝撃的ではありますが、生きるのに残された時間とは限りません。もっとずっと長く一緒に生活できるかもしれません。獣医師から告げられたのは、獣医師としての経験として1ヶ月ぐらい...

記事を読む

あおちゃん(3月12日)

今日は雨。草木の成長や芽生えの甘雨だね。雨の日のあおちゃんは、とことん眠い。猫が顔を洗うと雨が降ると言うように、雨の日は休んで、眠って、できるだけ体力を温存しています。猫が「顔を洗う」などのグルーミングを行う姿は好きです。 人は一般的に、内面よりも外見で判断してしまいます。内面を判断できる洞察力を...

記事を読む

あおちゃん(3月11日)

今日、 立ち上がった時にふらっとして、そのまま倒れて足を捻ってしまい、しばらくそこから動けなかった。その時、自分の中にあおちゃんの声が聞こえたような・・・自分の中に言葉が降ってくるような感じを経験しました。「今がつらくても、挫けてもそれを糧にまた立ち上がり、人として強くなることができるよ。悪い時が...

記事を読む

あおちゃん(3月10日)

あおちゃんにも、他の猫ちゃんにも必ず天の使命があるのだと思う。その天命を今とことん楽しんで生きているのだと思う。私はどうだろう?今をとことん楽しんでいるのか?不平不満を言っているだけではないのか?どんな状況下でも思いどおりにいかない時でも、問題を克服し、楽しく生きるための地道な努力を怠らないこと。...

記事を読む

あおちゃん(3月9日)

「いつでも、そばにいるよ」人も猫も愛されながらこの世に生を受け、同じように愛を感じながらいつかこの世を去るならば、その間に起きる些細なことは乗り越えていけるよね。ロシアンブルー同士は、他の猫種に対しては感じることのできない、絶対的とも言える安心感を見ていて感じることができます。 この関係性は、一度...

記事を読む

error: Content is protected !!